1974年 1961年より東ワラ商事(株)段ボール加工部門として操業、新会社として資本金500万円でスタート。
1976年 プリンタースロッター2色機を導入
1979年 資本金1,000万円に増資
 
1984年 プリンタースロッター2.7m2色機を導入
1986年 化成品分野に進出のためカット機を新設
1987年 化成品加工の需要旺盛、カット機を増設
1988年 N式ケースの需要を展望、オートプレスプラトンを導入
1989年 小ロット、多品種に対応のためオートスリッターを導入
1990年 化成品製袋機導入。プリンタースロッター3色機を導入し、プリスロ、2ライン化を採用
1991年 カット機を導入。段ボール底貼り機(ボトムロック)を導入
1992年 資本金を2,000万円に増資。自動製袋機・セミオートグルアー・特殊糊付機を導入
1993年 小ロット対応のため、オートロックスリッターを導入
1994年 特殊ケースに対応するため、底貼り、四隅貼、多機能を有するボトムグルアーを導入
1995年 プリンタースロッター2.7m3色機を導入 
1998年 札幌市より優良工場として表彰を受ける 
1999年 カット機(TSMAT1600)を増設 
 
2000年 フォルダーグルアー2.7mを導入し、プリスログルアー(直結)のライン化を採用
プリンタースロッター2.1m3色機を導入
2001年 バーチカルカッターを増設
2002年 オートプラテン(BOBST SPO160VISION)を導入
2003年 設立30周年(4月)
2004年 2PICEケースグルアーを導入
2007年 環境対応型工場新設(5月)
2007年 ME1600ボトムグルアー導入(5月)
2008年 設立35周年(4月)
2008年 半折製袋機(溶断シール)導入
 
2009年 FFGプリンタースロッター3.0M導入
(C)2004 トーワラダンボール株式会社 All rights reserved.